今度はComic Baton

またまたよしみさんからバトンが回ってきましたよ。(・ω・)ノi

Comic Batonだそうで。
いわゆるMusical Batonの漫画版で
漫画に関するいくつかの質問が「バトン」として回ってきたら
自分のサイト上でこれらの質問に答え、次の5人を選びその人にバトンを渡す、
というルール。

だそうです。

うーん…困った。
だって、漫画ほとんど読まないもの(爆)。
いちばん読んでいたのが小学校高学年~中学生くらいなもんで
(高校以降はほとんどよんでないな、うん)
その頃の漫画がほとんどになりそな気がします。




Comic Baton


1 Total volume of comic on my Bookshelf (マンガの所持数)
12冊 (+α あるかもしれない)
数年前一人暮らしをはじめたときにほとんど売り払ってしまった。
そのときってどれくらい持ってたかな?でもあまり持ってなかった気がする…。うーん。

2 Comic thought to be interesting now (今読んでるもの)
読んでない!(…じゃ続かないね(´・ω・`)ショボーン)
あ。いちばん最後にマトモにがっつり読んだのは
ヤヌスの鏡」 宮脇 明子
うわー古いねw
なんかね、ドラマのDVD出るって言うんで原作急に読みたくなって
古本屋で立ち読みしました。
…ドラマより激しい。。⊂⌒~⊃。Д。)⊃
ドラマもひさびさに見たいなw典型的大映製作ドラマですがww
別の心が~~(・∀・)チュナイ♪
同じからだを~(・∀・)チュナイ♪
だっけ?主題歌w


3 The last comic I bought (最後に購入したもの)
「ササキ様に願いを+」 みずしな 孝之
よしみさんから教えてもらって、そしたらR嬢が買ってて、見せてもらって
つられて買ったのでしたw
って、それも結構前だよね…orz


4 Five comic I read to a lot, or that mean a lot to me(心に残る、よく読む五冊)

・「星の瞳のシルエット」 柊 あおい

200万人乙女のバイブル!だっけ?w
岡田あーみん作品読んだ次くらいに読んでたなぁ。当時りぼん読者。

あらすじとしてはアレです。友達の恋を応援するねっ♪とかいってたら
その相手に惚れちゃってさぁ大変!でもあきらめきれないの…(ウジウジってストーリーです。
当時は真理子のぶりっ子差がかなり鼻についてたけど(周りでも評判悪かったw)
改めて読むと、香澄も結局ははじめから真理子に対して優越感持ってたってのが
端々に感じられて実はけっこう嫌なオンナノコだったのね(爆)。
(まぁそれが中学生の浅はかさといえばそれまでですが)
でも真理子は今でも友達にあんまりほしくないなぁ。
ライバルにもヒロインにも感情移入できないなんて!
…違った意味で心に残る漫画ですねw

・「レピッシュ! 」 ひうら さとる
なかよし連載作品。
当時のなかよし作品ってのきなみベタベタな恋愛ものが軒を連ねてた覚えがあるんですけど、
その中で異彩放ってたなぁ。とにかく元気があって好きでした。設定がメチャクチャなのもよかった。
金持ち小学生が東京舞台に大暴れ…ですから。(小学生の分際でテレビジャックとかすんなよw)
当時八王子ですら遠い東京に思えてた私には
ここで描かれている東京各名所(浅草、東京タワー、代官山etc)が
えらいかっこいい場所に見えました。
いつのまにやらすんなりと行ける場所と年齢になってしまった…。
あ、今ちょっとせつないかもw
登場人物では、オカマの学園長と、タカオのお兄ちゃんマッキーがなんか好きでしたw


「はれた日は学校をやすんで」 西原 理恵子
ギャグ漫画でも、この人が放つ言葉のキレってすごいなーと思うんだけど
それは叙情的な作品でも同じことが言えて。
こんな短い言葉でなんでこんなにせつなくなるの?って気分になる一冊。
なおりかけたかさぶたに走る痛痒さにも似た…って違うなそれは。
表題作も好きだけど「山本くんとまぶだち」の終わり方がせつなすぎる。
でもこんなもんなんだろうな。


・「お父さんは心配症」 岡田あーみん
えーとここから残り2作品は数少ないあーみん作品にします!
ごめんなさいあーみんヲタなのでorz
りぼん読者なりたてほやほやの私の心を一気に鷲掴みしたこの漫画!
ありえない!面白すぎでした。
私の中ではこれ以上のギャグ漫画に未だ出会えていません。
しかし改めて読むとこれが当時の小学生向け少女漫画雑誌によく掲載されてたな、と。
今だったらかえってダメなんじゃないか。
連載当初よりも、中盤から終わりにかけてのほうが坂道を転がり落ちるがごとく
ギャグに加速度がついて面白いっす!たぶん書いてた本人もわけわからずかいてたんじゃないかw
とにかくあーみんは天才だと思います。…好き嫌いはかなり分かれるとおもうけど。
個人的になぜか一番ツボにはまったのが「消えた五千万円を探せ!」の回。

  「バッキャロー!じろじろ見るなっ ワシは…ワシは五千万円なんだぞっ」

何度みてもはらわたがよじれる心地ですww
  

・「ルナティック雑技団」 岡田あーみん
こっちはもうすでにりぼん卒業後の作品。後にコミックスを大人買いしましたw
絵柄がけっこう変わってビックリしたけど、ところどころに顔出す
あーみんらしさは相変わらず。ギャグはますます過激。 
昨今の少女漫画雑誌も、なかなかカゲキになってきていると噂は耳にしますが
たぶんダッチワイフが登場した少女漫画(一応)は後にも先にもこれが初めてだと思う…w
「まずはハイアングルで…男優さんは こう…
女性の服を 獣のように なおかつインテリジェンスに ぬがせていってください
ただし!!くつ下は ぜったい ぬがせては いけません!!」

…やっぱり好きだーあーみん!あーみんコミックス一式は絶対嫁入り道具になります!
離縁されるかもしれませんがw



5 Five people to whom I'm passing the baton(バトンを渡す5人)
前回のMusical Batonと少々(いやかなり)かぶってしまってます。ゴメンナサイ。

アタシがルーキー! (チカコさん)

それが鷹の道 (鷹の道さん)

ネコカン。 (ねこかんさん)

picalog! (ぴかりさん)

ももすけ☆Wonderland
 (ももすけさん)


ほんのりと気が向いたらでけっこうです~!
[PR]
by hrm8823 | 2005-07-09 01:15 | 戯言
<< 杉浦日向子さん 逝去 夏風邪 >>